標準価格 \250,000(税別)

 

 

 

【評価版ダウンロード 準備中】

山腹を移動する地すべり土塊が、豪雨時の間隙水圧がかかるとどのように挙動するのか、地震時にはどこまで到達する? といった解析が、従来の2次元簡便法と同じように断面を入力することでシミュレーションすることができます。

 

 

この斜面が崩れたら崩落土砂はどこまで到達するのだろうか。従来の極限平衡法やFEM、ニューマーク法では不可能だったこのようなテーマに対して、シミュレーション手法が適用可能です。本システムは、3D版であるLS-RAPIDの理論をそのまま、より簡易で迅速に解析が行える2D版流動化地すべりシミュレーションシステムです。

 

 

シミュレーションサンプル
  動画サンプル1
  動画サンプル2
  動画サンプル3

 

 

 

 主な機能

 
地震時の地すべりシミュレーション   豪雨時の地すべりシミュレーション
 

地すべりの誘因として地震力の考慮ができます。地震力は一定にする、または時間をかけて変動するように設定できます。また地震力の作用方法を、水平、鉛直、水平と鉛直の中で設定できます。

   

地すべりの誘因として水圧考慮ができます。水圧は一定にする、または時間をかけて変動するように設定できます。開始時刻も設定することができ、地震と同時に作用させることも可能です。

 

 

   

   
●進行性破壊の検討を実現   CAD断面からのデータ作成
 

すべり土塊が移動する際に周囲の地盤を破壊する、進行性破壊の検討ができます。

   

CADファイルからの断面入力が可能です。また斜面安定解析PowerSSAのデータがそのまま読み込めます。

 

   

         
 

 

 
 

 2D-RAPIDの原理

 

流動化地すべりシミュレーション『 2D - RAPID 』は、地震、豪雨あるいはその複合効果によって引き起こされる高速地すべりの発生過程と運動過程を統合したシミュレーションLS-RAPIDの理論をそのままでy方向への移動がないものと仮定して2次元解析します。 (五大開発による)
解析断面中の単位幅をもった柱状要素を考え、その要素にかかる土塊の自重(W)、水平・鉛直地震力、水平土圧、要素底面にかかるせん断抵抗(間隙水圧の効果を含む)の合力を水平面に投影し、水平面上の力の釣り合いが、質量(m)の土塊を加速度(a)で加速させる式(1)および柱状要素に流入する土量分のみ土塊の高さが変化するとの仮定(2)から、土塊の流量と高さ(h)の変化を解くモデルです。

 
 地すべり発生運動統合シミュレーション(LS-RAPID)の概念とパラメータの解説  (814KB)
 

(特)アイシーエル(国際斜面災害研究機構) 佐々 恭二

 

   

 

 

パソコン

Windows 7 / 8.1 / 10が動作する機種

基本ソフトウェア

Windows 7 / 8.1 / 10
64ビット版Windowsでは、32ビット互換モード(WOW64)で動作します

ディスプレイ 1024×768ピクセル以上の画面の領域(解像度)
TrueColorga表示可能であること

メモリ

2GB以上(推奨)

ハードディスク

1GB以上の空き容量

出力装置

基本ソフトウェアに対応したプリンタ必須

ドライブ CD-ROMドライブ(アプリケーションのセットアップに必要)

その他

ホイールマウス

PDF閲覧ソフト(ヘルプの表示に必要)

Windows 7 / 8.1 / 10は、米国Microsoft Corporationの登録商標です。

その他、記載されている会社名、製品は、各社の商標または登録商標です。

このカタログの内容は、2016年 7月現在のものです。

製品の内容および価格については予告なく変更する場合があります。

プロテクタ : USBスタンドアロンタイプ または USBネットワークタイプ(別売)

 

お問い合わせ

五大開発株式会社
TEL:076-240-9587 FAX:076-240-9585 MAIL:

ホームGODAIソフトウェア一覧お問い合わせ

▲ページの先頭へ